アメリカを自由に旅しよう。あなたのオリジナルプランを作成し手配いたします。

スティーマー・レーン

スティーマー・レーン 危険なサーフスポットとして有名

スティーマー・レーン(Steamer Lane)

スティーマー・レーン(Steamer Lane)はサンタクルーズ・サーフィン博物館がある灯台岬(Lighthouse Point)の東にある、サンタクルーズで最も人気があり最も危険なサーフスポットです。1930年代にここでサーフィンをしていた学生が「スティーマー・レーン」と呼び出して、その呼び名が定着したと言われています。
スティーマー・レーンの場所と行き方

スティーマー・レーン(Steamer Lane)

スティーマー・レーンは冬になると大きなうねりが上がり、危険なサーフスポットとなりますが、上級サーファーにとって挑戦し応えのあるサーフスポットとして有名です。The Point、Middle Peak、The Slot、Indicatorsの4つのリーフブレイクがあり、冬以外はサーフィンをするのに適度な波があることでも人気です。ただしローカル色が強い事でも有名で、一見のビジターがスティーマー・レーンで波に乗ることは非常に難しいです。

ジャック・オニール

ジャック・オニール(Jack O’Neill )は、サーフウェアやサーフボードの有名ブランド”O’Neill”の創業者で、ウェットスーツの考案者です。1952年に世界で初のサーフショップをサンフランシスコで立ち上げ、翌53年にはウェットスーツの原型であるとされるサーフベスト、55年にはネオプレーンベストを開発しました。1959年にサーフショップをサンタクルーズに移転し、サーフィンが一般的なスポーツになるにつれてビジネスは驚くほど拡大しました。さまざまなサーフィンのアイテムを開発したO’Neill は、サーフィンの発展に大きく貢献し、そのことは、サンタクルーズがサーフシティと呼ばれるようになった要因の一つとなっています。

1972年、ジャック・オニールがスティーマー・レーンでサーフィンをする時に、初期のリーシュコードを使用していましたが、波から落ちた時にリーシュコードに勢いよく引き戻されたサーフボードが左目にヒットして、左目を失ってしまいました。

(資料協力:カリフォルニア観光局、Link-USA

カリフォルニア・サーフ・ドライブ コース上の観光ポイント一覧

カリフォルニア・サーフ・ドライブ  
   サンタクルーズ
    サンタクルーズ・ビーチスティーマー・レーンサンタクルーズ・サーフィン博物館
    サーファーの像ナチュラル・ブリッジズサンタクルーズ ビーチ ボードウォーク
   サン・ルイス・オビスポ
    モロ・ロック・ビーチモロ・ベイ ハーバーピズモビーチ
   サンタバーバラ
    リンコンエルキャピタンキャンパスポイント ビーチ
    レッドベター・ビーチヘンドリーズ・ビーチジャラマ・ビーチ
   ロサンゼルス
    マリブベニスビーチマンハッタン・ビーチ
   ハンティントン・ビーチ
    ハンティントンビーチ ピアVans USオープン・オブ・サーフィン
    サーフィン・ウォーク・オブ・フェームインターナショナル サーフィン博物館   ビッグボード・ライド
   ニューポート・ビーチ
    ミューニシパル・ビーチザ・ウェッジコロナ・デル・マー
   サンディエゴ
    オーシャンサイドブラックス・ビーチラ ホヤ ショアーズ
    パシフィックビーチウィンダンシー ビーチ
   サーフランチ

スティーマー・レーンの場所と行き方

アラモレンタカー サンフランシスコ国際空港営業所からレンタカーで行く場合の一例。
Cowell Beach Public Parking 25 Beach St, Santa Cruz, CA

 ⇒ 大きな地図で見る

レンタカーやキャンピングカーでアメリカを走ろう

海外レンタカー 格安プランキャンピングカー レンタル

アラモレンタカーやクルーズアメリカの主な営業所

アラモレンタカーロサンゼルス国際空港サンフランシスコ国際空港サンディエゴ国際空港サンフランシスコ/ユニオンスクエアカリフォルニア州 営業所一覧

クルーズアメリカロサンゼルスサンフランシスコサンディエゴ

カテゴリー別 目的地検索のTOPページ

海外レンタカー 格安プラン

海外レンタカー 格安プラン

キャンピングカーのレンタル

モーターホーム(キャンピングカー)のレンタル予約サイト
PAGETOP
Copyright © Travel Gallery All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.