アメリカを自由に旅しよう。あなたのオリジナルプランを作成し手配いたします。

カリフォルニア・コンドル

カリフォルニア・コンドル 絶滅危惧種の希少な鳥

カリフォルニア・コンドル

カリフォルニア・コンドルは、連邦政府が絶滅危惧種の鳥にリストアップし、サンディエゴ動物園での飼育下繁殖により絶滅を回避して、放鳥されました。その後の保護対策により、野生個体は3桁まで増えている希少な鳥の一種です。現在、アリゾナ州/ユタ州、カリフォルニア州、バハカリフォルニア(メキシコ)の、3つの野生個体群があります。

全長 46-55インチ(117-140cm)。翼幅 9.5フィート(289cm)、体重 23ポンド(10.4kg)の、北米最大の陸鳥です。成鳥は頭部や首を除くほとんどの部分が黒で、各翼に鮮やかな白い羽のラインがあります。頭部から首の部分は、赤またはオレンジ色。個体識別のための番号タグが翼に付けられています。

カリフォルニア・コンドル

カリフォルニア・コンドルは、抱卵中かヒナを育てている時は、捕食者を避けるために、崖の棚や洞窟に巣を作ります。一度に1個の卵を産み、ヒナは1年半の間、両親に依存するので、繁殖が非常に遅いのですが、寿命は60年以上で、鳥類の中では長い方です。

繁殖期以外の時は巣を持たず、定期的に同じ場所に戻ることはなく移動し続け、ワピチ、ミュールジカ、オオツノヒツジ、牛など大型哺乳類の死骸を見つけて食べます。(ハゲタカは嗅覚で食べ物を見つけるが、コンドルは視覚で見つけます)
カリフォルニア・コンドルは、熱上昇気流とその空気力学により、エネルギーを節約し、非常に効率的に長距離を飛行して、1日数百マイルを飛行することができ、食べ物を見つけるまで飛び続けます。

(資料協力:National Park Service,Link-USA

グランドキャニオン国立公園で見ることができる 代表的な絶滅危惧種

バードウォッチング 
   カリフォルニア・コンドルメキシカン・ニシアメリカフクロウ
   タイランチョウウエスタン・キバシカッコウ

グランドキャニオン・ビジターセンターの場所と行き方

Grand Canyon Visitor Center S Entrance Rd, Grand Canyon Village, AZ
アラモレンタカー ラスベガス/マッカラン国際空港 営業所からレンタカーで行く場合の一例。

 ⇒ 大きな地図で見る

レンタカーやキャンピングカーでアメリカを走ろう

海外レンタカー 格安プランキャンピングカー レンタル

アラモレンタカーやクルーズアメリカの主な営業所

アラモレンタカーラスベガス/マッカラン国際空港フェニックス・スカイ・ハーバー国際空港ロサンゼルス国際空港

クルーズアメリカラスベガスフェニックスロサンゼルス

バードウォッチングツアー

初心者の方でも楽しめる、野鳥ガイド 久下直哉氏 と行くバードウォッチングのツアー初心者の方でも楽しめる、野鳥ガイド 久下直哉氏 と行くバードウォッチングのツアーです。
初心者でも楽しめるバードウォッチング ツアー
(日本国内)

カテゴリー別 目的地検索のTOPページ

海外レンタカー 格安プラン

海外レンタカー 格安プラン

キャンピングカーのレンタル

モーターホーム(キャンピングカー)のレンタル予約サイト

アメリカ横断 バスの旅

アメリカ横断 バスの旅

日本のキャンピングカー レンタル

PAGETOP
Copyright © Travel Gallery All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.