アメリカを自由に旅しよう。あなたのオリジナルプランを作成し手配いたします。

ジョニー キャッシュ博物館

ジョニー キャッシュに関する博物館

ジョニー キャッシュ博物館 The Johnny Cash Museum

ジョニー キャッシュ博物館は、2013年5月1日ナッシュビルのダウンタウンにオープンしました。ナッシュビルを中心に活躍したシンガーソングライターのジョニー キャッシュに関する世界最大のコレクションを所蔵しています。
オープンした5月1日という日は、ジョニー キャッシュに関して意味のある日です。1969年5月1日に、ジョニー キャッシュの冠番組『ジョニー キャッシュ ショウ』の第一回目が、ナッシュビルのライマン公会堂で収録された日(放送は6月7日)なのです。この第一回目の収録のゲストは、普段はTV出演をしなかったボブ ディランで、全米で話題となりました。

ジョニー キャッシュ Johnny Cash

ジョニー キャッシュ博物館 The Johnny Cash Museumジョニー キャッシュは、1932年2月26日アーカンソー州 キングスランドで生まれました。
1955年6月メンフィスのサンレコードからシングル「ヘイ・ポーター Hey Porter」でデビューします。この曲は、ビルボード誌全米カントリーチャート14位のヒットとなり、続くシングル「フォーサム・プリズン・ブルース Folsom Prison Blues」もカントリーチャート4位の大ヒットとなったことから、カントリー・ミュージシャンとされることが多いですが、実際には、ゴスペルをルーツとし、初期のステージでは、ロカビリーやブルースも披露していました。また、後年、ロックのアプローチも見せており、ポール マッカートニーをはじめとし、ボブ ディラン、リトル リチャード、U2、カート コバーンなど多くのロックミュージシャンからリスペクトされています。
ジャンルにとらわれない幅広い音楽活動は、それぞれ認められ、カントリー・ミュージックの殿堂、ロックの殿堂、ゴスペル・ミュージックの殿堂と、複数の殿堂入りを果たしています。ヒット曲も140曲以上(エルビス プレスリーが151曲で世界最多)あり、グラミー賞も11回受賞。音楽的には華々しい実績だが、プライベートにおいてアルコールや薬物の中毒、トラブルから微罪による収監など負のイメージも持つ。
1966年に離婚した後、1968年にカントリー・ミュージック・バンド、カーター・ファミリーのジューン カーターと再婚。

メン・イン・ブラック

ジョニー キャッシュ博物館 The Johnny Cash Museum1960年代のカントリーミュージシャンの多くは、カウボーイスタイルが大半でしたが、ジョニー キャッシュは黒い衣装を身にまとっていました。1971年に発表したアルバム『メン・イン・ブラック Man In Black』は、カントリー・チャートで1位になりました。以後も、オン オフに係らず、ずっと黒い服を着ています。

ジョニー・キャッシュ博物館の場所と行き方

The Johnny Cash Museum 119 3rd Ave S、Nashville, TN

ナッシュビル国際空港から、車で約15分。
ナッシュビルのダウンタウンにある。

 ⇒ 大きな地図で見る

カテゴリー別 目的地検索のTOPページ

海外レンタカー 格安プラン

海外レンタカー 格安プラン

キャンピングカーのレンタル

モーターホーム(キャンピングカー)のレンタル予約サイト
PAGETOP
Copyright © Travel Gallery All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.