アメリカを自由に旅しよう。あなたのオリジナルプランを作成し手配いたします。

ライマン公会堂

ライマン公会堂 ナッシュビル・サウンドの発信地

ライマン公会堂 Ryman Auditorium

ダウンタウンの一角、レンガ色をした建物のライマン公会堂は、1892年に蒸気船の船長だったトム ライマンを中心に、いくつかの酒場のオーナーなどのナッシュビルの実業家によってゴスペル礼拝堂として建設されました。ライマンの死後、ライマンに敬意を表してライマン公会堂と名前が変更されました。

ライマン公会堂 Ryman Auditorium

ライマン公会堂は、数々のショーが行われるようになり、若きカントリー歌手達の登竜門となりました。1940年代からカントリーだけでなく、プレスリーなどアメリカを代表する人気ミュージシャンのコンサートが開かれてきました。また、チャーリー・チャップリンやキャサリン・ヘップバーンもステージを踏んだことがあります。“南部のカーネギーホール”と呼ばれ、ナッシュビルの重要な音楽の拠点となりました。
1943年から1874年までこの場所から、人気音楽番組「グランド・オール・オープリー」が発信されていました。
現在は、2,362席のライブ会場としてジャンルを問わずに、いろいろミュージシャンのライブが行われています。
廊下やロビーは。出演したスターの思い出の品々が展示され、ちょっとした博物館にもなっています。

(資料協力:ミシシッピ・リバー・カントリーUSA,Link-USA

ライマン公会堂の場所と行き方

Ryman Auditorium 116 5th Ave N、Nashville, TN

ナッシュビル国際空港から、車で20分弱。
ナッシュビルのダウンタウンにある。

 ⇒ 大きな地図で見る

カテゴリー別 目的地検索のTOPページ

海外レンタカー 格安プラン

海外レンタカー 格安プラン

キャンピングカーのレンタル

モーターホーム(キャンピングカー)のレンタル予約サイト
PAGETOP
Copyright © Travel Gallery All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.